STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

中学生の頃です

[posted by taku]

kooちゃんの投稿を読んで中学生の頃を思い出していました。その頃は結構な自転車ボーイだったんです。ロードレーサータイプの自転車をフレーム、ホイール、ハンドル、ブレーキ、ペダル、サドル、果てはその頃高価だった10段変速のギアからチェーンまで、バラバラに購入して1台の自転車を組んで遊んでいました。毎週末、船橋の自転車専門店に通うのが楽しみで、小遣いの殆どをパーツにつぎ込んで遊んでいました。自身のツーリングの思い出は朝の3時に市川を出発してその日の夜中の11時に長野に到着したのを覚えています。トイレではサドルで擦れたのでしょう、血尿で用足しが痛かった覚えが今はいい思い出です。

200km越えのツーリングですから痛くなってしまうのも仕方ありませんね。

もう、絶対に出来ないスポーツです。