STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

アイディアを

[posted by taku]

最近考えてるのはどうにかこの状況下で音楽を特にバンドの演奏を楽しめる方法は無いかなと言う事です。少なくとも年内のライブはもとよりスタジオで集まっての練習も暫くは諦めなくてはならないでしょう。世の中の企業がリモートしているのを見ていて仲間とのリハーサルをネット上で共有出来ないかな?と思っています。個々に自宅で音出ししたものを録音して共通のソフトでミキシング。スタジオでの空気感は出なくても案外面白い音が作れるんじゃないかと考えています。今は手首の腱鞘炎を終息させるべく頑張っていますが治った暁には是非こんな遊びをやってみたいと思っています。

うずら再

[posted by koo]

前回からちょっと間が空きましたが、結局発生しませんでしたので再挑戦となります。

そんなことをしている間に都知事選挙も終わり、といっても色々なことがなかなか先に進まずとあまりいい状況ではないですが、今回は全自動の機器を導入しての再挑戦でして、これでだめだと、また原因を見つけてつぶしていかなくてはなりません。理科の実験はおおむねこんなもんでしょう。

まあ孵ったら孵ったでかなり大変なのですけど、引き続き引きこもりの口実にして息災にやってきたいと思います。

緑のタヌキ

「posted by nabe」

緑のタヌキマダムが再選してしまった。都民は化かされたのだった。タヌキの親分の利権GO TO TRAVEL CAMPAINが来週末の4連休から適用される。何泊でも何回でも使えるので期限までガンガン旅しましょう!

ただし、コロナに感染するかしないかはあなた次第・・・・

うずら

[posted by koo]

テレワークとか関係なく仕事に行ってますが、家族が当面在宅勤務になったおかげで、「昭和の私がやってみたかったことリスト」のなかの一つ「卵の孵化」というやつを始めました。当時の小学校では必ず飼育小屋がありまして、理科の先生がふ卵器で卵を孵してました。さすがにニワトリは飼う場所がないのでウズラで我慢です。

卵は1日の中でも何回もひっくり返さなくてはいけないので、そこがネックで今までできなかったんですね。なぜか家族も協力してくれています。

無事孵ったかは、またいずれにでも

コロナ終息か❔

「posted by nabe」コロナが終わりました。未だ周辺で感染した人は一人も発見できませんが???楽駄な生活を送っていたため下のラクダを見つけることができず、どうやらアルツになってしまったようです。

関係あるかな?

(posted by taku]

ラクダを見つけられるひとはアルツハイマーになりにくい脳の人らしい。関係あるかなぁ?

私は2分ほどかかりました。