STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

日曜はリハの巻

[posted by yoshi]

ライブに向けてラストスパートの巻でした。ひたすらに音合わせ、いい感じになって来ました。 kooちゃん、貫禄出て来たよねぇ〜。ベースマンっぽくてぐぐっとくる。

恭子ちゃんもLaLaに馴染んで来てくれたし…演奏してて楽しいっす!! 香ちゃんは新しい機材を覚えるので奮闘中。

拓ちゃん、ホワイトボードとお話中。曲順やらMCの入れどころを皆で確認中ってところの図。

私とkooちゃん。歳だ…絶句の巻。肌がキチャナイなぁ。

nabeちゃん…似合ってるとしか言いようがない。この日はハードスケジュールだったので酔いが早かった。この後知らぬ間に爆睡…写真撮っておけばよかったなぁ。

とまぁ、スタジオリハと打ち上げリハの様子をお伝えしました。楽しそうでしょ?…皆様も3月2日は一緒に楽しみましょう!!

3月2日(土)13時にララの演奏が始まりますよ。ご注意下さい!!

2月は28日しかなくて

[posted by koo] まあ、あっという間にライブなんですが、ずいぶん長いことライブもなくやってまして、そのせいかはわかりませんが体重も増えました。 このあと1か月は体調管理も重要だったりしますね。

LaLaでは今まで使わなかった40年近い付き合いのベースとともに、その当時の曲も演りますので、この土日は雪も積もりませんが当日も気候がいいコンディションになることを期待して、ぜひ聞きに来ていただけるとありがたいです。

メリクリです!!

[posted by yoshi] 何故かツリーをば。最近のLEDはやりおります。 この歳になってメルヘンですよ(笑)

一昨日リハーサル、その後忘年会と年内のバンド活動は滞りなくの巻でした。 レパートリーは来年3月のライブに向けて危なっかしいですがどうにか10曲ほど用意することが出来ました。1月2月のリハで仕上げに入ります。

本年ララはRKB 77 Bandの恭子ちゃんを新たにキーボードとして迎え、鍵盤隊2台になる事で今まで諦めていた曲に挑戦する事も出来まして、実り多き一年でした。新生ララのお披露目が楽しみでございます。

来年3月2日(土)13時・小岩ジョニーエンジェル、是非期待して下さい!!

もう師走!

[posted by nabe] 今年もあと1ヵ月で終わってしまう。あっと言う間である。 年を取ると何で1年がこんなに早いんだ!と思っている人も多いことでしょう。 『ウィキペディア(Wikipedia)』引用 ジャネーの法則(ジャネーのほうそく)は、19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書[1]において紹介された[注 1]法則。主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。ジャネの法則とも表記する[2]。簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。

ということは、来年はさらにもっと短い1年と感じるだろう。

初めての体験

「posted by kaori]

今年の母の日に次男夫婦が『体験ギフト』をプレゼントしてくれました。『体験ギフト」とは贈られた人が様々な体験をできるというギフト商品でレストランやカフェでの食事、リラクゼーション施設での施術、ものづくり教室でのワークショップ、アウトドアアクティビティ、フィットネスなどあらゆる種類の体験があります。もちろんテーマや価格により様々なパッケージがありますが2人で共通の体験ができるので選ぶ時間も楽しめました。 ギフトには期限がありギリギリまで迷いましたが結局使うものが良いということになり目黒区の都立大学駅近くにある「Makers’Base Tokyo」という手作り体験ができる工房での木製のお箸作りを選びました。

それぞれの特徴がある6種類の木材から好きなものを選びカンナで削り出し、専門のスタッフの方にサポートしていただきながら自分のオリジナルの形に作り上げていきます。削り出しが終わったら面取り、サンディング、亜麻仁油をお箸に塗り込み終了です。 2時間半の時間内に好きなだけ作る事ができますが立ちっぱなしでやや中腰の体勢で腕を常に前後に動かす作業は慣れていないのでコツもなかなかつかめず大変でした。次の日は筋肉痛になったほどですから。この歳になって、しかも夫婦でカンナがけするとは思いませんでした。手先が器用なダンナ様はスタッフの方にも褒められ3膳も作りました。私は2膳が精一杯。

それにしても洒落たギフトがあるのですね。ちなみにお嫁さんのご両親は『浅草界隈を旅する30分間の人力車体験コース』を選んだそうです。世界に1つだけのお箸を大切に使いたいと思います。

植木の手入

[posted by taku]

時々、庭木の話を出させてもらってますが今年はかなりの部分を間引きや伐採で手入れをしました。鬱蒼としていては貴重な日の光も届かず暗〜い感じでしたが大好きなアメリカンデイゴはもとより金木犀もサッパリ、ユスラウメも新芽を残してバッサリ、葉っぱの色付きも楽しみです。50を過ぎた位から木がホントに好きになってきましたよ。