STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてYasuhiro(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Yasuhiro(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにYasuhiroが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
4BLOODはレーベル名と言う位置づけになり「音屋」「LaLa Sunshine」は4Bレーベル傘下のアーティストとなる。

2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

懲りない性分

[posted by yoshi]

暑い日、来ましたねぇ。湿気が無いので日陰や日が暮れてからはいきらか過ごしやすいですが、それも束の間、これから3ヶ月厳しい日々が続くのでしょうね。皆さま水分補給はこまめに、油断大敵ですぞ。

先週久々のスタジオリハーサルを終え、録音した音源を聴きながら自分のプレーを修正すべく日々練習…なんてね、そこまで熱心ではないです^^;

仕入れたアコギで衰えつつある指力の復活を兼ねて、新曲のソロパートをアドリブ、気持ち良いフレーズを探しております…これはマジっす。

でね、仕入れたアコギがこれ。

ーーープチ自慢のお時間です(笑)ーーー

以前アコースティックは何本かございましたが、金輪際エレキしか弾かん、アコギやーめって状態が突然、アンポンタンな精神状態がグググんとピークに達し全部売っぱらってしまってのでありました…なんて事してしまったのだろう^^;

でもでも、なんだかね寂しい、やっぱそれっぽい音が聴こえてくると弾きたくなる事あんすよ。で、結局手を出してしまったという…いつまで経ってもアホですな。

買うとなったら最近評判の竿(ギター)をリサーチ。今回はエレアコである事が条件で楽しい時間を過ごしました。

何本も気になったギターを試奏、これだ!!と思った個体がありこれに決定!!と思われましたが、そこから二転三転、絞りに絞って最終的に3本の中からTaylorってメーカーのグランドコンサートってタイプに決めました。さぞや店員さんも呆れたことでしょう。でもね、あっしにとってはこんな時間が嬉しいのであります。

形は以前所有していたボディに似てしまいました。きっと自分には抱えやすく落ち着く感じの形状なんですな。この竿は右肩がえぐれているカッタウェイ形状でしてハイポジの弾きやすさは比べものになりません。

サイズがそれ程大きくないので低音の鳴りは細め、その代わり高域の響きは美しいです。ハイフレットで和音を奏でるとシビれます…自分だけかも(笑)

根がエレキ小僧、しかもテーマやソロを弾くのが好きなので、コードをかき鳴らし迫力があるギターより、プレーヤービリティがあり単音の美しい楽器が好きなんです。

久々のアコギ、手強いっす。ショートスケールとは言えデフォでゲージ013は常日頃エレキを01で弾いている身からすると相当にキツイです。暫くはリハビリって感じになりましょうか。

どらいびんぐみすでいじー

[posted by su]

また観た。 ジェシカダンディー・モーガンフリーマン・ダンアクロイド。 名優が演じた名作は、時を超えていつも心に染み入る。 実際に南部に行き、現地と重ねて歴史を識ると、 全く違う映像が飛び込んできて、感動した。

Marines VS Carp

[posted by kaori]

昨日は知り合いから野球のチケットをいただいて千葉ロッテマリーンズ VS 広島東洋カープの試合を観戦しに幕張ZOZO MARINE STADIUMへ行って来ました。

頂いたチケットはMASTER DREAM SEAT、バックネット裏の芝生レベルで観戦出来る素晴らしいチケットでした。駐車場も関係者用で超VIPな気分でした。

お酒(ビールはサントリーマスタードリームの生)は9回表終了まで飲放題。

ビュッフェスタイルの食事も時間を問わず食べ放題。スイーツもちゃんと用意されてました。

ピッチャーもごこの近さ。選手目線で観戦出来るのは別世界、ライブ感が凄かったです。

変化球もカーブくらいならちゃんと分かります。

ご覧の通りのシートです。1席1席がゆったりのうえ程良いクッションで長時間でもお尻が痛くなりませんでした。

球場半分が真っ赤っかのカープファン、そしてマリーンズは黒系。満員御礼もあり応援合戦も見応え十分でした。各選手の応援歌があったのはビックリでした。

 

この試合は乱打戦で、逆転、逆転の末ロッテが7−5で勝利でした。たまには野球観戦も良いですね!! 貴重な体験をした一日でした。チケットを用意して下さった方に感謝です!!!

さて、LaLaもいよいよ今月からリハーサルが始まります。RKB77のダイちゃんも加わり新生LaLaをお披露目するのは秋の予定です。

[…]

前回に引続き…

[posted by yoshi]

 

ここ数日ギター環境構築に向けて試行錯誤の楽しい時間なのでございます。 でね、どうせなら宅録なんぞも出来るようにしようと思っておる訳でございますよ。で、本日はリファレンスモニターの話し。

簡単に言っちまうと音決めする際に基本となるスピーカーの事ですね。各メーカーそれぞれ低域だったり中域、高域と言った所に色付けしてあるので何を頼りにって話しになっちまいます。ですので全域音源のまま、フラット特製のモニターがベストとなるのでございます。今までは上写真の小さいモニター「KRK V4」ってのをメインに使っておりましたが、この度引越しにあたって新たにGenelecってメーカーのモノに変更したのでございます(白いゴージャスチックなやつ)。でこの2タイプで聴き比べするのですよ…プロっぽいっしょ(笑、相変わらず形から入る性格です)。一応GenelecはDAWやDTMの方面を扱ってる方には知れたモニターでありますので信頼度は高いと思っております。

Genelecは部屋の環境を測定(キャリブレーション)し、部屋にあった音に整えてくれる機能がございます…面白いっすね。セッティングを済ませて早速音出し、Genelecはキャリブレーション前後では低域がしまり、そのせいか中高域にごくごくほんのりプレゼンスがかかった感じに聞こえました…結構いい加減な表現すが個人的には満足な音でした。

さてさてお楽しみの慣れ親しんだKRKとの比較…おやおやおやっ!!KRK、低域がモコモコしすぎちゃう? レンジ感もかな〜り違います。まっ筐体サイズが違うので箱鳴りよる違いは仕方のないとこではありますけどね。ホール録音されてオーケストラはデカイ箱のスピーカーで聞いた方がなんとなく壮大に聞こえそうでしょ?そんな感じ。それにしてもね、今までは良い感じだと思っておりましたがこうも違うとは…聴き比べするにも違いがありすぎてちと満足出来なくてなりつつあります。てかそうなってます。こちら方面(オーディオ)は奥が深いですし金額がケタ違いになっちまいますのであまり足を突っ込みたくありませんが、それでもこの違いはもう少し解消したい。

でね、目をつけてるのがこやつ

富士通テンのモニター。野郎心を掴むこの筐体デザイン。音もフラット特性との評判です。ただこやつはパッシブなので別にパワー・アンプが必要になります。余計な機材は増やしたくありませんが、ただいまググッときております。

さてさて、LaLaですが、只今ライブ用に選曲の最中であります。次回はほとんど新曲の予定です…って、まだメンバーにも内緒でしたけど(^^;

次回は和物、洋物半々くらいのステージになる予定です。楽しんでいただけると幸いです!!…これからだから秋頃にはなんとかなるかなぁ。

YOUTUBEのあなたへのおすすめ

[posted by koo] 邦楽は並んでないので、最近は聞いていないと思います。 今並んでいるのは、ジョニ・ミッチェルとB-52s 古い曲ばっかりですね。

なぜかこのラインナップなんですが、昔はよく聞いてましたから戻ってきた感じでしょうか すっかりリスナーになってまして、ちょっとずつ音をためている感じでもあります。

実際のところ、30年以上前は家では大きな音を(低い音を)出せず、車の中でも低い音は聞き取れずという環境でしたので、今聞くと随分印象も違うんです。 とは言え、楽器もちゃんと弾いてます

あーあ ケメ

[posted by su]

ケメ。 姉貴のLPを、文字通り擦り切れるほど聴きまくった。 深夜「あおい君とさとう君」ずっと聞いていた。 数十年ぶりに復活して、自主制作CDを購入したのが 2011年、変わらぬ魅力を醸し出していた。 昨年6月に亡くなった。 何ともいえぬ脱力感、「あーあ」って感じ。 この気持ち解るの、カメくらいかなあ。