STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

音の違いはわかるの?

[posted by koo]

楽器集めはもはや趣味なんですが、練習もせず音を出しては悦にいってます。

で、ずーと高い楽器と安い楽器の違いは?というのが課題になってます。

とっつきやすいのは、同じタイプのモデルを比べるということなんですが、恥ずかしながら自分のレベルでは、値段の差はよくわからないんですね。どちらかというと、音程が安定してるかとか、弦の状態や、音が太いかぐらいのところまでなんです。

そういうことなら、きっちり自分でセットしてしまおう と、なりまして…

どれも自分好みの音が出るようになってます。

ライブではどの楽器を使うかまだ決めていません。バンドでは5弦ベースをつかうからなんですね。どんなふうに聴く人につたわるかの自分のデータベースが不足してます。

 

復活!

[posted by NABE]

9月より熟練したベーシストが新メンバーに参加することになり、 とりあえずボーカルに専念することに。 次回のスタジオ入りが楽しみ。 次のライブではお蔵入りしたガイコツマイクが使えそうで。。。

持ってて良かった。

腹ガード

[posted by yoshi]

エアコンが年寄りの節々にこたえる季節になってまいりました。冷風好きに変わりはないのですが身体が拒否反応を示すようになりました。車などで直接冷気が膝などにあたろうもんなら大変、途端に悲鳴をあげちゃいます。最近はカフェなどに入店した時などはまずエアコンの吹き出し口の場所を確認したりしちゃいます。長時間電車に乗るときは弱冷房車と極寒好きだった昔とは大違い(・_・;

さて、この時期のギタリストの私は腹の冷えにも気を付けなければなりません。Tシャツなどの薄着の腹にギターが密着しますと調子が悪くなります。冷気でギターが冷やされて熱伝導で腹を攻撃してきます。リズムにのって身体を動かしていてもその部位は知らず知らず冷えてしまいます。練習中にトイレは許せますが、ライブ中はシャレになりません。

そこで、本来はベルトのバックルなどでギターの背面に傷がつかないようにするスクラッチ・ガードという年寄りの救世主を発見&ゲットしました。表面がビロードの様なもので出来ているので腹に優しいです。また脱着が自由に出来ますからギターを替えても大丈夫。次回のライブはこれで安心です(^^;) 今度はあせもの心配をしないといけないのかなぁ(汗)

お蔵入り3

[posted by NABE]

fender jazz bass これもアクティブ(電池1個) ライブ終了後、自宅で弾こうとしたら、回線が切断され音が出ず。 いま、ライブで使用しているfender jazz bassこれはパッシブ(電池なし) と同じ型(サイズ)なので、直さずそのまま自宅練習用になったのである。

お蔵入り2

[posted by nabe]

ミュージックマン ボンゴ、良い音です。 フェンダーUSAより2フレット長い(24F)。でかい。重い。しかも、アクティブベース(電池2個装着) なので、迫力満点。 しかし、ライブの最中、電池切れを起こしてしまい、それきっり。

Taku’s Weapon

[posted by yoshi]

Takuちゃんの足下に鎮座しているマルチエフェクター[Zoom GFX 8]緑色が憎いビックリ・ドッキリ・メカである。 解説しよう!!!マルチの字の如くほとんどのエフェクターがオールインワンになった魔法の箱なのである。コンプレッサー・ワウ・オーバードライブ・ディストーション・ファズ・コーラス・フランジャー・フェイズ・トレモロ・ピッチシフター・ディレイ・リヴァーブ・イコライザーなど通常は個別に揃えるペダルが一堂に会すハーレム状態、まさにボカンなのである。これによりギターで聴く大概の音色を作り出せるのだ。ふぅ…知らない方には呪文のようでしょうな。

そんな事はさておき、彼は練習の度にバンドのアンサンブルに溶け込める様に音色・音量のセッティングを変えてリハにのぞむ。偉い!のである。使い始めの頃は音色の設定の仕方がなかなか把握出来ず試行錯誤の繰り返しであったが(自分も人の事は言えないけど)、最近はそのあたりの質問もぐぐっと減り、リハ時に一人ニヤニヤしながら弾いている事が増えた。偉い!!のである。音に対して非常に真摯に向き合ってるところが偉いのである!!! 甲斐あってか最近は某有名ギタリストの超有名曲のSoloの音色なんかえれー気持ち良い事になって来ているのだ。ホント偉い!!!!のである。

なのでTakuちゃんの音に耳を傾けてくれる方はとても偉いのである!!!!!