STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

お蔵入り

「posted by NABE]

4BLOOD時代に亀蔵さんに薦められて買った ガイコツマイク。

いかしてるねえ。

しかし、ベースを弾いているので手で持てないし、マイクスタンドに装着すると重すぎて不安定。

てなわけで一度も使わずにお蔵入り。

そんな時には。

[posted by taku]

気持ちの良い季節ですよね。窓をあければエアコン要らずで。でもエレキをドカンと弾きたいときはその窓を閉めるのもエアコン入れるのももったいない。そんな時には当然ヘッドフォンで音を出すんですがプラスひと工夫。耳の中にすっぽり入るmp3プレイヤーのイヤフォンをヘッドフォンの内側に装着します。つまり二重ね。そうするとプロと一緒に演奏気分、心地よい風もそのままに。いろいろ思いつくもんだ。どうぞお試しあれ。

ピック

[posted by yoshi]

売るほど持ってます(笑) しかもショーケース入りです。知らぬ間にこんなんになってました。数えた事はありませんが、少なくとも500枚以上はあると思います(^^;)

確認出来るところで古い物ですと25年以上前の物もございます。もしかしたら高校時代にゲットした物もあるかもしれません。

ギタリストにとってピックは非常にデリケートなものだと思います。音に抑揚・ダイナミックレンジそして感情を与える道具なので大事な物なのでございます。御覧の様に形・堅さと種類が豊富に存在します。それぞれ音の出方・音質が全然違います。なんでも良いと言う訳ではないんです。ギターに張る弦の太さ、速いパッセージを重視、コードトーンの出方等を考えて選んだりもします。最終的には自分のプレイスタイルやニュアンスの出しやすいものを選びます。

コアな話をすれば同じ形・堅さのピックでも出来によって出音が違ったります。製品にばらつきがあるからです。しなりやコーナーの角度が微妙に違うんです。私はそこまで追求はしませんが、ピックを購入する時に気を使って選んでいる方は少なくないです。 プロのギタリストの方もステージ上でピックを交換(マイクスタンド等にいっぱいついてるやつです)する時にしなり具合を試して数枚の中から選んだりしています。

ショーケースに入った歴代のピックの数々ですが、オフコース現在も増殖中でございます。まだまだ旅の途中ってところでございます。まっそれがど~したって話ですが(^^)

ギターの弦

[posted by yoshi]

私は通常ダダリオの.010〜.046を使用しています(写真左)。10〜46と言うのは弦の太さの事です。いろいろなメーカーで弦を生産していますが、レギュラーの太さはだいたいこの10〜46になっていることが多いです。ベンディング(またはチョーキング:エレキギター独特のギュイ〜ンと弦を指の腹で持ち上げると同時に恍惚の表情になるやつです。)&ヴィブラート・速弾き等プレイアビリティーを優先してこれより細い弦を選んだり、もっと太い大きい張りのある音を出すために太い弦を選んだりします。またちょっと専門的になりますが、ギターのスケールやネック・ヘッドの取り付け角度によって同じ弦でもテンションが違ってしまうので太さを変えて使う事もあります。

同じ10〜46ならばどの弦も同じ音かと言うとそうでもありません。聴く人が聴けばかな〜り違うものです。こればっかりはさまざまな弦を試して自分に合うもの、弾いている音楽に合うものを見つけなければなりません。面倒くさいと思いでしょうけど、こんな事が楽しかったりするのです。

さて写真にはあと2つ(右上ダダリオEXP・中央下アーニーボールCoated Slinky)がありますが、これは通常弦に錆や劣化に強いコーティングを施した弦です。 弦は弾きこみますと数時間で音質が落ちてしまいます。ただプロではないのでそんな状態でも使い続けます。表面には錆びが浮いて来ます。その状態で弾きますとなめらかに弾けなかったり指先が茶色になったりもします。困ったものです。 そんな劣化に立ち向かいすべすべ状態を続けられるよう開発されたのがコーティング弦なのです。値段は倍しますが確実に弾き心地は長持ちします。なので練習用にはもってこいだと思います。コーティングされていますので通常弦に比べるときらびやかさは少し丸まってしまう感じがしますが、それも悪くないです。(先ほど言いました通り自分の音に合っていればいい訳です。) ライブ等の場合は通常弦で決めて、それ以外はコーティングと言う使い方も面白いです。

私はエレキギターの他にアコースティックギターにもアコースティック専用のコーティング弦を張っています。エレキと違い抱える頻度が少ないのでケースから出す事が稀です。ケースから出したギターの弦が錆び錆びだと弾く気が失せますが、これのお陰で気持ちよく?弾いています。