STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

ただいま選曲中!

[posted by nabe] メンバーの追加・ポジション替えに伴い全曲入れ替え作業をしています。 すでに5曲はスタジオにて音合わせし決定したのですが、もっと 増やそうと試行錯誤している最中です。 当面の目標としては、邦楽で1ステージ、洋楽で1ステージ出来ればと個人的には思っています。 普段、音楽をあまり聴かないので、この時ばかりは音楽漬けになっている今日この頃です。

 新しい時代 

[posted by su] 平成に終わりを告げ、来年5月からは 新たな元号となり、新しい時代に船出です。 新しい海を航海するのは、新しい水夫です。 ~~~~古い船には新しい水夫が乗り込んでいくだろう 古い船を今動かせるのは古い水夫じゃないだろう なぜなら古い船も新しい船のように新しい海へ出る 古い水夫は知っているのさ新しい海のこわさを~~~~                                                                            おしまい

どう思いますか?

「posted by kaori」

お暑うございますの言葉しか出てきませんが皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて先日あるプロのインストバンドのライブに久しぶりに行ったときのお話をさせていただきます。前から3列目の真ん中の席で音響的にもとても良い席でした。入れ替え無しの2ステージでトータルで3時間ぐらいでした。さあいよいよ始まり「あ〜やっぱりいいな〜」なんて心の中で1曲目から感動していたところ私達のすぐ後ろの列のはじのテーブル席に5人の男女のグループがいて大声でずーっとしゃべっているのです。2曲続けて演奏した後にMCがあってリーダーの方が「そこの席ずいぶん盛り上がってますね〜!」って言ったのです。おそらく耳障りだったのだと思います。それなのにその人達全員で「盛り上がってるよ〜!」ですって。その後もそれぞれのソロの途中で「カッコイイ〜サイコ〜!」ってまだソロを演奏している途中でですよ!普通はソロが終わったら拍手しますよね。それはそれはそれぞれ素晴らしいソロでじっくり聴きたいのに。他にも全然リズムに合ってない変な手拍子したり。驚いたのが2ステージ1曲目が終わった後のMCで「本日のスペシャルカクテルというのがありまして先ほど飲ませていただいたらすごく美味しかったので皆さんもぜひ注文して飲んで下さい」みたいな話をしたら、そのグループの人達が「ここ、たのみまーす!あ、僕もお願いしまーす!」と言ってウエイターの方に手をあげて注文してるのです。えっ?この場で?MCの途中で?周りのお客様も思わず失笑!それからも最後までずっと大声でしゃべってるし。気になっちゃうともう集中できなくて本当に不愉快な思いをしました。お隣とすぐ前のテーブル席の方はさぞかし大迷惑だったと思います。結構周りの方々がもチラチラそのテーブル席のほうを見ていましたがお店の方もお客様も、もちろんミュージシャンの方も誰一人注意する事も無く終了しましたがなんとも後味の悪い思いでした。まあ私も注意できませんでしたが。それを除けば本当に素晴らしいライブでした。

LaLaもライブに向けて頑張ってまーす!あっ!LaLaのライブは皆さん楽しんで下さいね。

では暫く猛暑が続きますが夏バテなどされませんようにお身体に気をつけてくださいね。

フットペダル思案

[posted by taku]

フットペダルで悩み抜いています。

とにかくペダル部分が長〜いヤツを探しまわっています。自分の足が大きくてスタジオはモチロン、ライブハウスのものもダメです。

LLの身体にSのTシャツ着てるよーな心地の悪さがどうもヘソ出しちょんまのよーな…

出来ればダイレクトドライブでデカペダルであんまり高価でないヤツは無いかいな、と。

このデカペダルで試したい奏法てんこ盛りなんです。次回のスタジオリハーサルまでに手に入れないと息が出来ないくらいなんです。必ず探し当ててやりましょうや!

ライブでも使おうじゃあーりませんか!

演奏してる側のつまらないこだわりなんですけどね。これがどーにも譲れない!SサイズのTシャツはもー嫌なんですっ。笑。

懲りない性分

[posted by yoshi]

暑い日、来ましたねぇ。湿気が無いので日陰や日が暮れてからはいきらか過ごしやすいですが、それも束の間、これから3ヶ月厳しい日々が続くのでしょうね。皆さま水分補給はこまめに、油断大敵ですぞ。

先週久々のスタジオリハーサルを終え、録音した音源を聴きながら自分のプレーを修正すべく日々練習…なんてね、そこまで熱心ではないです^^;

仕入れたアコギで衰えつつある指力の復活を兼ねて、新曲のソロパートをアドリブ、気持ち良いフレーズを探しております…これはマジっす。

でね、仕入れたアコギがこれ。

ーーープチ自慢のお時間です(笑)ーーー

以前アコースティックは何本かございましたが、金輪際エレキしか弾かん、アコギやーめって状態が突然、アンポンタンな精神状態がグググんとピークに達し全部売っぱらってしまってのでありました…なんて事してしまったのだろう^^;

でもでも、なんだかね寂しい、やっぱそれっぽい音が聴こえてくると弾きたくなる事あんすよ。で、結局手を出してしまったという…いつまで経ってもアホですな。

買うとなったら最近評判の竿(ギター)をリサーチ。今回はエレアコである事が条件で楽しい時間を過ごしました。

何本も気になったギターを試奏、これだ!!と思った個体がありこれに決定!!と思われましたが、そこから二転三転、絞りに絞って最終的に3本の中からTaylorってメーカーのグランドコンサートってタイプに決めました。さぞや店員さんも呆れたことでしょう。でもね、あっしにとってはこんな時間が嬉しいのであります。

形は以前所有していたボディに似てしまいました。きっと自分には抱えやすく落ち着く感じの形状なんですな。この竿は右肩がえぐれているカッタウェイ形状でしてハイポジの弾きやすさは比べものになりません。

サイズがそれ程大きくないので低音の鳴りは細め、その代わり高域の響きは美しいです。ハイフレットで和音を奏でるとシビれます…自分だけかも(笑)

根がエレキ小僧、しかもテーマやソロを弾くのが好きなので、コードをかき鳴らし迫力があるギターより、プレーヤービリティがあり単音の美しい楽器が好きなんです。

久々のアコギ、手強いっす。ショートスケールとは言えデフォでゲージ013は常日頃エレキを01で弾いている身からすると相当にキツイです。暫くはリハビリって感じになりましょうか。