STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

ドリップと令和

[ posted by yoshi ]

2年近く前だったか、急に珈琲がマイブームになりまして本やWebであたりをつけては東京近郊にある有名店を巡る週末を過ごしてました。コーヒーは飲んでなかった訳ではなく、実家が珈琲店を営んでいた時期もございましてデビューは小学校からと昭和中盤に育った世代としては嗜みが少し早い私めでございました。過去にも珈琲に凝った時期はございますが、最近はと言いますとあえて意識することなく自然に食生活の一部になってました。流石に風味はどーでも良い訳ではありませんがお茶してる時間を楽しんでいるだけでした。それが理由はともかくより美味しい珈琲を求めるようになったのでございます。自分でドリップしたくなったのですよ。そうなると名店だったり流行っている店だったりを確かめたくなる…幡ヶ谷だったり、鎌倉だったり、日に2〜3店とかね足を運びました…病気ですな。良い店はねお客さんが良い。風味もそうですが雰囲気も大切、偉そうにしてる店主だったり店員だったりってお店は2度と行きません。居心地だったり音楽だったり…大切です。とまぁ話が長くなっちゃいますのでこの辺にしますが、昨年1月にドリップ珈琲を始めましたの巻でございます。

上写真はギターにつぐ珈琲器具コレクション(笑)1年ちょいでドリップポット4つ、ドリッパー7種とグッズ屋全開です。

ドリップ回数はまだ600回くらいですが、少しは上達したかもしれません。如何せんお客様は奥様だけですから….どーなんでしょうか(^^;

でね、よく豆を購入するカフェでドリップ研修会があることを知りまして、高みを目指すべく試しに受講してみました。

ちなみに上写真でドリップしてる講師の先生はバリスタの日本チャンピオンでございます。

正直受講して良かったです。狙った味、酸味だったり、苦味だったり、アロマの出し方だったり、豆の粒度、温度、時間、などなど、全てをプラスマイナスすることでバランスをとる。180ccを抽出するのに湯の投入回数を1度でするか2度でするかで味が変わるんでございますよ。奥が深いです。難しいように感じますがプラマイ理論が分かればある程度の狙いを引き出すことは出来るようになりますね。

毎日同じ味で入れるのは難しいですが、美味しい珈琲を入れられるようにはなりたいですね。

バンドも一緒ですな。毎度完成度の高い演奏は難しいですが、見ていて楽しんでいただけるようなライブにしたいです。

さてさて、新元号「令和」でしたね。実は今朝Rで始まる元号になるとお告げがございまして、会社でネット検索、小学校で習う「ら・り・る・れ・ろ」から始まる漢字を抜粋、候補として「理」「緑」「良」「礼」「令」がございました。らりるれろってあまり無いのですよ。でね、「令」になったわけで驚きでした…チキンスキンでした(笑)どんな時代になるんでしょうね!

[…]