STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

今年も!?

「posted by nabe」 今年もあっという間の1年でした。昨年も書きましたが歳をとるごとに1年が短くなってきます。ライブに観に来てくださった皆様ありがとうございました。来年もより自然と調和できるよう融解して参りたいと思います。よいお年を!!

今年は何回?

[ posted by kaori ]

今年も残りわずかになりましたね。クリスマスのイルミネーションも美しく輝いていて心が温まる思いです。

先週の12日に今年最後のライブに行って来ました。結成40周年を迎えた「インコグニート」です。ジャズファンクバンドならではの魅力全開のとても楽しいステージで最後の「Don’t You Worry ‘Bout A Thing」が始まった途端に総立ちで最高に盛り上がりました。圧巻だったのがドラムとパーカッションのソロで鳥肌が立つほど素晴らしかったです。3人の女性ボーカルもキュートで本当に歌が上手で歌っている途中で拍手が沸き起こる場面もあるほどでした。終了後、帰り道で「楽しくて素敵なライブだったね〜」と心から素直に思えた今年最後にふさわしいライブでした。

2019年は2月に「ピラミッド」(ブルーノート東京)、5月に「コリーヌ・ベイリー・レイ」(ビルボード東京)、6月に「ギラッド・ヘクセルマン トリオ」(コットンクラブ)、「ビートナッツ」(ジロキチ)*日本のフュージョンバンドです*、クラシックですが7月に「新日本フィルハーモニー交響楽団」(サントリーホール)、8月に「すみだストリートジャズフェスティバル」(錦糸公園)、9月に「新日本フィルハーモニー交響楽団」(サントリーホール)、(すみだトリフォニーホール)、11月に「リー・リトナー&デイブ・グルーシン」(ブルーノート東京)、そして12月の「インコグニート」(ブルーノート東京)。来年もまた憧れのミュージシャンを身近に感じられる事が出来たら幸せです!

今年LaLaのライブに来て下さった方、本当にありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

定番のスィンギンポテト […]

時々

[posted by taku]

時々思わぬ路地を走っていると正面にスカイツリーがそびえ立っていてついつい写真を撮っちゃう。まだ、登った事もないし(いつか上がってみたい)下の街も軽く舐めた程度しか知らない。仕事柄、浅草にはしょっ中行ってるのに中々チャンスが無い。美味しい所もたくさんあると聞いてるので是非とも思うのだが多分、酒飲みの僕は家から遠くで飲み食いするのが億劫になってるんだろうなぁ。そう言えば若〜い頃は東京タワーを見ると感激してたんだけどねぇ。

もう、12月だね。今年もなんとかかんとか過ごして来ました。自分の周りの環境が凄いスピードで変わっていくんだけどのんびりゆっくり出来る日が来るんだろうか。

12月です

[posted by koo]

祝日のない12月になりました 改めましてライブにお越しいただいた方々にお礼です

今回は邦楽ばかり 時間もあっという間だったかもしれません そんなライブも終わり今年の跡片付けとなります

消費税がかわり、働き方もかわりと令和2年の準備は結構大変なのです そんな雑務に忙殺されておりますが、準備を終えてはやくのんびりしたいのは私だけではないでしょう

当面、「かぜをひかず年末を迎える」が目標となります 道交法もかわりましたし、つまらないことに引っかからず無事新年を迎えましょう