STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

総理大臣もかわり

[posted by koo]

季節もかわりと、ずいぶん時間が過ぎた気がしますが、そんなに生活はかわっておりません。稲刈りも終わっちゃってますし

もとから引きこもり体質ではあるので、人前で演奏しなくなった以外はあまり変化がないんだと実感してはいます。その中でもマスク着用とレジ袋はちょっとした変化ではありますが。

通販がふえたので、家の中のものが増えたようです。段ボールとか梱包資材は場所をとりますね。

動画もよくみるようになりましたし、本もよく読むようになりました。

まだ先は見えてきませんが、もう少しこの異常で普通な生活を続けていきます。

マスク鬱陶しい!

「posted by nabe」

たまに繫華街に行くと全員マスクをしている。鬱陶しい!マスクの網目は5マイクロメートル。花粉は30マイクロメートルで通さないので有効だ。しかし、細菌は1マイクロメートル、ウイルスは0.1マイクロメートルなので素通しだー。マスクをするくらいならビタミンDと腸内細菌を考えよと言いたい!

心地よいサウンド🎶

「posted by kaori]

昨日は日が暮れる頃から冷んやりとした秋の風を感じ久しぶりにクーラーを消しました。我が家は暑さに弱いOhanaがいるので朝起きてから夜寝るまでつけっぱなしの生活がもう何ヶ月も続いています。この夏はペットを飼っていなくてもクーラーなしでは過ごせませんでしたね。その中でのマスクですから大変です。Ohanaのお散歩も熱中症が心配なのでしばらく行けませんでした。夜になっても気温は下がらないし。フレブルなどの鼻ぺちゃ犬は体温調節が苦手なので特に気をつけなければいけません。昨日はようやく夕方お散歩に行けたのでOhanaもすごく嬉しそうでした。ワンちゃんも家の中にずーっといてはストレスが溜まりますからね。このまま涼しくならないかしら?夜遅くに秋の虫の音も聞こえたのにな〜。

さて、インドネシアの4人組のバンド「IKKUBARU」(イックバル)をご存知ですか?山下達郎?角松敏生?えっ?という感じです!!YouTubeには達郎やシュガー・ベイブ、キリンジなどの曲を日本語カバーでアップしているのですがとってもオシャレな感じのAORというかシティ・ポップというかとにかく何とも懐かしさを感じさせる心地よいサウンドなのです。2014年のデビューアルバム『Amusement Park』、是非YouTubeで聴いてみて下さいね♪

治ってきたかな?

[posted by taku]

前回のブログで書いた左手首の腱鞘炎は発症から早いものでかれこれ6ヶ月が経ちました。ギターのよっちゃんから比べればまだ短い月日ではありますが。今回8月の頭に大学病院の専門医へ行き外科的手術をお願いしたところ「1発私に注射を任せてみない?」と言った先生が娘ほどの年の女医さん。明るくて医者っぽく無いのですが自信ありげな言動に1発任せてみたのです。それが8月の24日。そろそろ2週間が来ますがどうにも全く痛くない。注射の針のところが何となく痛痒い程度でほとんど元通りって感じです。

最初の整形外科医。(家のそば)

2軒目の整形外科医。(車で10分)

行くんじゃなかった。

何をやってもダメだったのが女医さんの腱鞘炎の腱をめがけてエコー見ながらぶっすりんこ1発で。まだまだ油断は出来ないけど今のところドラムも叩けそうな具合です。ヤッホー。