STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

初、神戸!

[posted by nabe]神戸に初めて行った。港・中華街・古い洋館など横浜とシンクロする印象だ。宿泊した三宮はみなとみらいのような新しく綺麗な街だった。コロナ柯の中、駅前、地下街の入り口、ビルの谷間のすり鉢状のスペース、テーマパーク、公園などでプチライブに遭遇した。オーディエンスも多数いたので思わず立ち止まって聴き入ってしまう。また、街の中国料理屋やデパ地下でも点心の実演販売(ライブ)をしている店は多数の行列ができている。人はライブに惹かれる本能があるようだ。

最近のお気に入り

[posted by kaori]

早いもので今年もあと2ヶ月あまりとなりました。すっかり秋らしい陽気になりましたが朝晩は寒いぐらいです。今日も冷たい雨でしたね…。

以前ブログに書いたと思いますが「金縛り予防」のために毎晩イヤホンをしてタイマーをかけてラジオを聴きながらいつの間にか眠りにつくということをしていますが先日深夜(午前2時過ぎ)にTOKYO FMの『ON THE PLANET』という番組内でかかった曲があまりにも私好みで思わず飛び起きて忘れないうちに充電中の携帯電話に曲目をメモしたぐらい気に入ってしまい朝、起きてオンエアーされた曲と演奏者を調べてみたら[Collioure]コリウールの「By My Side(feat.Maria Estrella)」だったのアップルミュージックで検索したところアルバム「Togetherness」の8曲目の曲だということがわかりました。便利な世の中ですね!私は存じ上げませんでしたがハウス.エレクトロニックといったジャンルのようです。全曲聞いてみましたが6曲目の「So in Love」も私好みでした!ラジオを聴いていると「イイ曲〜🎵」に巡り会うことが結構あります。もう少し若い頃?は朝起きても覚えていましたがここ数年は忘れてしまうので気に入ったら起きて携帯電話にメモしています。こんな事をしていると睡眠不足になりますが…。

LaLaの音楽活動も未定ですが本当に新型コロナウイルスの一日も早い収束、終息を心から願うばかりです。

[…]

三線(さんしん)体験

[posted by taku]

沖縄は恩納村で三線の体験をしてみました。ヘビの皮で造られたボディーに弦が3本、そいつを水牛のツノでつくったバチに人差し指を突っ込んで構えはOK。チューニングが独特なのでギターに慣れた頭には少し難解な感じ。しかも人差し指、中指、小指しか弦を押さえないと言う、これまたややこしい。でも、先生のレッスンの甲斐あって1時間ほどで[うみの声]を単音弾きでマスターできました。沖縄っぽいこの曲は弾いているとなんだか暖かい気持ちになりまさぁね。帰ったらよっちゃんからお預かりしたクリーム色のテレキャスでやってみますかね。笑。

アンプ買っちった。

[ posted by yoshi ]

LaLaの活動は停止状態でありますが、流行病禍であってもどうにか楽器へのモチベーションを保つために…思い切ってアンプを買ってみました。いつもの様に、いつまでたっても、どーしようもありませんな^^;でね、この娘ですが、かな〜り小型でして気軽に部屋から部屋へ持ち運べてちょー便利。て事は、ご家族泣かせ、パートナーなかせ、奥様泣かせな訳でして…だってそうでしょ、誰かを相手にミニリサイタルを開くわけですから(笑)弾きたいときに何処でもパッとセッティングが出来る可愛いアンプなんです。スペックですが筐体サイズ : (幅)22.8 x (縦)22.8 x (高さ)22.8重量 : 5.9Kgキューブ型の筐体はコンパクトで軽いです。上部パネルには2チャンネル入力・Gainツマミ・Volumeツマミ・BrightのON/OFFスイッチ・のLow –Low Mid –Hi Mid –High –Presenceの EQ、そしてリバーブ。背面にはヘッドフォン端子、Line Out、FX LOOP等々あれこれ詰め込んだお得な内容になってます。今時でしょうかね。このサイズでセンドリターンがあるなんて嬉しい限り、…お好きな空間系を繋げられますね。また、2チャンネル入力だけに片側にマイクを繋いで弾き語りなんぞも出来ちゃう。驚きの高機能ですな。真空管好きな私には珍しくトランジスターなんです。なのでメンテナンスは楽ですね。多分壊れ辛いと思います。手が掛からないところは◎ですね。真空管アンプと違ってボリュームノブを回すとある一定の箇所から極端に音圧が上がる事もないので、丁度良い塩梅の音量にセットし易く部屋弾きにはもってこいでもあります。もともとJazzギター用のアンプなんですが、エレアコのスティールストリングスとか、エレガットナイロンのサウンドなど、MidとかHighのEQをちょこちょこっとして内臓のリバーブをかけますってーと、これがまたたまらなく艶っぽく色っぽいサウンドになるんです。小さい筐体からは想像出来ないくらい豊かな音が飛び出します。結構デカイ音も出ますので少人数のライブハウスなら行けちゃうのでは?って感じが致します。さらにLine OutもあるのでそこそこのステージでもPAに繋げば問題なしなのではないかな…。久々に良い買い物しました…^^;忘れてました…[ Henriksen ]ってアンプです。知ってる方はギタリスト1000人中1人とみた!!

[…]