STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

アンプ買っちった。

[ posted by yoshi ]

LaLaの活動は停止状態でありますが、流行病禍であってもどうにか楽器へのモチベーションを保つために…思い切ってアンプを買ってみました。いつもの様に、いつまでたっても、どーしようもありませんな^^;でね、この娘ですが、かな〜り小型でして気軽に部屋から部屋へ持ち運べてちょー便利。て事は、ご家族泣かせ、パートナーなかせ、奥様泣かせな訳でして…だってそうでしょ、誰かを相手にミニリサイタルを開くわけですから(笑)弾きたいときに何処でもパッとセッティングが出来る可愛いアンプなんです。スペックですが筐体サイズ : (幅)22.8 x (縦)22.8 x (高さ)22.8重量 : 5.9Kgキューブ型の筐体はコンパクトで軽いです。上部パネルには2チャンネル入力・Gainツマミ・Volumeツマミ・BrightのON/OFFスイッチ・のLow –Low Mid –Hi Mid –High –Presenceの EQ、そしてリバーブ。背面にはヘッドフォン端子、Line Out、FX LOOP等々あれこれ詰め込んだお得な内容になってます。今時でしょうかね。このサイズでセンドリターンがあるなんて嬉しい限り、…お好きな空間系を繋げられますね。また、2チャンネル入力だけに片側にマイクを繋いで弾き語りなんぞも出来ちゃう。驚きの高機能ですな。真空管好きな私には珍しくトランジスターなんです。なのでメンテナンスは楽ですね。多分壊れ辛いと思います。手が掛からないところは◎ですね。真空管アンプと違ってボリュームノブを回すとある一定の箇所から極端に音圧が上がる事もないので、丁度良い塩梅の音量にセットし易く部屋弾きにはもってこいでもあります。もともとJazzギター用のアンプなんですが、エレアコのスティールストリングスとか、エレガットナイロンのサウンドなど、MidとかHighのEQをちょこちょこっとして内臓のリバーブをかけますってーと、これがまたたまらなく艶っぽく色っぽいサウンドになるんです。小さい筐体からは想像出来ないくらい豊かな音が飛び出します。結構デカイ音も出ますので少人数のライブハウスなら行けちゃうのでは?って感じが致します。さらにLine OutもあるのでそこそこのステージでもPAに繋げば問題なしなのではないかな…。久々に良い買い物しました…^^;忘れてました…[ Henriksen ]ってアンプです。知ってる方はギタリスト1000人中1人とみた!!

[…]