STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

2月22日〜3月28日のフォトログ

[ posted by yoshi ]

お気に入りの小松庵。季節限定の桜そばをば。今季栃木のそば粉がやたらとうまく桜の風味と絶妙な味わいでした。(3/09)

311は銀座でお使い物をば。その時間服部の前で黙祷いたしました。

ランチはそば粉のガレット。皮パリパリで美味いっす。

TVのグルメ番組で紹介してまして、お取り寄せの巻でした。九州は鹿児島の名物 ”吾愛人(わかな)”のみそおでん。いろんなおでんがあるんですねぇ。(3/12)

新宿高島屋でHARIO主催のコーヒー勉強会を開催していたので参加しました。コーヒードリップは奥深いからね。参考になりました。(3/13)

新宿と言えば、ドリップ師匠のいるVERVEコーヒーへ。この日は「ケニア」をチョイス。勉強会も良いけどプロのドリップの味を記憶するのも大切よね。

久々にエフェクター買いました。所有のJames Tyler Guitarに内蔵されているブースターをストンプ式にした感じのペダル。12Vモードだとかなり似てるけどリアピックアップのニュアンスが違うかな。輪郭が少し落ちる感じがありますね。音は太くなるのでクリーンのソロなんかにも重宝しそうです。(3/15)

2ヶ月に1度のペースで清澄白河のブルーボトルコーヒーへ行ってます。この日はプチランチ。タルトとジャガイモのワッフルをエチオピアのシングルオリジンでいただきました。(3/16)

当然、二人でシェアです。おいちぃコーヒーにはちょっぴり甘いの欲しいよね。

良いせりを手に入れたので、仙台風せり鍋にていただきました。根っこまで食べられるなんて大人になるまで知りませんでした。(3/21)

溜池山王で仕事がありまして、”そといち”そばをご馳走していただきました。アメリカ大使館の側だけあって外国の方?が結構いらっしゃいました。(3/22)

爺様家業を全うすべくゴーマを連れてドイツ村へ。20年ぶりかな?相変わらずドイツ感を感じられない(笑)そもそも、千葉にあって東京、しかもドイツって何よって感じよね…そこがいいっちゃいいんだけど。まっ、子供と戯れるには良いところ。芝桜には少し早かったのが残念。30年ぶりに芝ソリしちまった。(3/26)

SAZAコーヒーの店長さんが転勤となりまして、最後のドリップコーヒーをいただきました。この日はエチオピアをレインボーミルクレープで。サービスでゲイシャの水出しコーヒーをば…コーヒーブログになってますね(3/27)

ドリップペーパーレスのドリッパーをゲットしました。ネルドリップ(布のドリッパー)を再現したモデルです。既存のステンレスドリッパーとは網目の形状、ドリップ底の作り、そして深さが違います。出来上がるコーヒーも全然違いますね。ペーパーより落ち切るまで倍近く時間がかかりますが、その割思った程雑味がなくコーヒーオイルも程よく乗ったコーヒーた入れられます。研究如何ではちょいと面白いコーヒー抽出が出来るかも。(3/28)

[…]

この時期の過ごし方

[posted by koo]

最近は、radikoをよく聞いてます。

流れている曲の情報や、タイムフリーで聞き直せるのはかなり便利で、この齢でも新たな曲との出会いや、再会が楽しみになっています。

もう一つはyoutubeでの同じアーティストのリピートづくしでしょうか。

現在は Foo Fighters ばかり繰り返されています。ストレートにズンと入ってくるのは。この現在の状況に鬱々としているからなんでしょうかね。

まあドラムが気持ちいいってのが大きいですが。

ちなみに、ちょっと前は70年代ソウルでした。

農業始める!

[POSTED BY NABE]

4月から種を植える前に土を耕して畝を作りました。一部にだけリーフレタス・人参・ジャガイモの種を試しに巻いて様子を見ます。指導者がいるのでなんとかなりそうです!週末ミュージシャン改め週末ファーマーになるのだ!!

達郎さんに読いて‥。

[posted by kaori]

昨晩、桑田佳祐さんがブルーノート東京からソロとして自身初の無観客配信ライブを行いました。事前に収録されたものでしたがブルーノートのスタッフの皆さんがマスク姿で後ろの方で拍手や手拍子などをしていました。

サザンとはまた違い落ち着いた大人の雰囲気が漂うライブでした。24曲中5曲がカバー曲でしたがソロという事もあって知っている曲がLaLaのライブでも演奏した「スキップ・ビート」以外ありませんでしたが65歳という年齢を感じさせないほどとにかく声量もあるし最後まで声質が変わる事なく(68歳の達郎さんも同じです!)1曲1曲心を込めて歌っているのが伝わってこの配信ライブを観た人達はきっと元気づけられて感動したと思います。サザンとは違うメンバーとの息の合った演奏も素晴らしかったです。 じっくり聴いたのは初めてでしたが本当に才能溢れた方だと思いました。

観客として何度も訪れた「Blue Note Tokyo」のステージに上がるのが憧れだったそうです。約2時間のライブがあっという間に過ぎました。そう言えばブルーノートには2019年12月12日の「インコグニート」のライブ以来行っていません。やっぱり生で聴きたいですよね♪あともう少しの我慢です!