STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

空間系なエフェクター

[ posted by yoshi ]

リバーブ(風呂場系)・ディレイ(山びこ系)・コーラス(揺れ系)…みたいに音を変化させる機材を総称して「空間系エフェクター」と言うのだけれど、立て続けに2台ゲットしてみました。無かった訳ではないのだけれどね…そんなもんでしょうに(笑)上左の写真はtc electronic社製伝説のコーラスペダルその復刻版 stereo chorus flanger –”SCF GOLD “80年代にヒットした様々なアルバムで聞くことが出来る程、当時ギタリストがこぞって使っていました。あまり大きなうねりにならないようにほんのりエフェクト効果をプラスするとめちゃリッチなサウンドになるのです。Roland BOSSのディメンションコーラスとか揺れが少ないコーラス好きなんでさーねぇ。

『上写真は、入力段の内臓プリアンプ音があまり好きでは無く回避テストの一コマ(True Bypassでは無いので)』←マニア以外は飛ばしてね

続いてSource Audio社製の”COLLIDER “ってリバーブとディレイの2イン1のペダル。(下写真)これめちゃ便利で理想的。

『このペダルはある意味理想的でありまして…詳しく説明しても分からないだろうから簡単に…このペダルに入力されるギター・ベース音はデジタル変換せずアナログのままで、風呂場の反響音と山びこの返ってくる音をミックス(シリーズもパラレルも可)してくれるのです…普通に思うかもしれませんが、これって結構大した事なのよん。反響音の良し悪しは別としてギターやベースのオリジナル信号をほぼほぼまんまってところがミソね。エフェクト音やデジタル変換により原音の輪郭崩れを回避出来る2 in 1、マルチエフェクターってあまり無いのよ…そんな意味で理想的。同じ事するには通常3台のペダルが必要になるので場所も取らないし人に優しい重量であったりします。』←マニア以外は飛ばしてね

おまけ…

額の手術痕もすっかり分からなくなりひと段落と思っていた矢先、今度は両腕に腫瘍が出来てまた手術、良性だったから良かったものの皮膚の弱さには困ったちゃんです。フレブルは皮膚トラブルが多い犬種ですね。それ以外覆面部分の白髪は増えて来ましたがお転婆は相変わらずです。

[…]