STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

ようやく‥。

「posted by kaori」

新型コロナウイルスの猛威も徐々に落ち着いてきて海外アーティストの来日コンサートもようやく増えてきたのかな?と思っていた矢先に会員である「ブルーノート東京」からスケジュールマガジン”JAM”が届きました。見てみるとまだまだ国内のアーティストの方が多いですね。(LaLaにはまだお声がかかりませんが‥)

2020年に「ブルーノート名古屋」の廃業に続き、コロナの影響なのでしょうか今年の8月に長らく休業していたのですが横浜のレンガ倉庫内にあった系列店舗の「モーション・ブルー・ヨコハマ」までもが突然の閉店をしました。寂しい限りです。

「ブルーノート東京」や系列店舗の「コットンクラブ」は材料にこだわったお料理もとても美味しく上質な音楽とお食事を楽しめる心地よい空間です。お気に入りのアーティストの来日を心待ちにしたいと思います。因みに今お気に入りのアーティストはアメリカの女性ジャズ、R&B,ポップシンガーの『Lindsey Webster(リンジー・ウェブスター)』と新世代メロウなソウル、ジャズ、エレクトロニックの3人からなる『Moonchild(ムーンチャイルド)』というバンドで全員が複数の楽器を操る(ボーカルやコーラスも)マルチプレイヤーです。アルバム「Voyager」の中の『Cure』という曲は一推しの一曲です。どちらのアーティストもとてもオシャレなサウンドなので、是非このオシャレなライブハウスという空間で音楽を堪能してみたいです。