STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

前回に引続き…

[posted by yoshi]

monitor_1

 

ここ数日ギター環境構築に向けて試行錯誤の楽しい時間なのでございます。
でね、どうせなら宅録なんぞも出来るようにしようと思っておる訳でございますよ。で、本日はリファレンスモニターの話し。

簡単に言っちまうと音決めする際に基本となるスピーカーの事ですね。各メーカーそれぞれ低域だったり中域、高域と言った所に色付けしてあるので何を頼りにって話しになっちまいます。ですので全域音源のまま、フラット特製のモニターがベストとなるのでございます。今までは上写真の小さいモニター「KRK V4」ってのをメインに使っておりましたが、この度引越しにあたって新たにGenelecってメーカーのモノに変更したのでございます(白いゴージャスチックなやつ)。でこの2タイプで聴き比べするのですよ…プロっぽいっしょ(笑、相変わらず形から入る性格です)。一応GenelecはDAWやDTMの方面を扱ってる方には知れたモニターでありますので信頼度は高いと思っております。

Genelecは部屋の環境を測定(キャリブレーション)し、部屋にあった音に整えてくれる機能がございます…面白いっすね。セッティングを済ませて早速音出し、Genelecはキャリブレーション前後では低域がしまり、そのせいか中高域にごくごくほんのりプレゼンスがかかった感じに聞こえました…結構いい加減な表現すが個人的には満足な音でした。

さてさてお楽しみの慣れ親しんだKRKとの比較…おやおやおやっ!!KRK、低域がモコモコしすぎちゃう?
レンジ感もかな〜り違います。まっ筐体サイズが違うので箱鳴りよる違いは仕方のないとこではありますけどね。ホール録音されてオーケストラはデカイ箱のスピーカーで聞いた方がなんとなく壮大に聞こえそうでしょ?そんな感じ。それにしてもね、今までは良い感じだと思っておりましたがこうも違うとは…聴き比べするにも違いがありすぎてちと満足出来なくてなりつつあります。てかそうなってます。こちら方面(オーディオ)は奥が深いですし金額がケタ違いになっちまいますのであまり足を突っ込みたくありませんが、それでもこの違いはもう少し解消したい。

でね、目をつけてるのがこやつ

monitor_2

富士通テンのモニター。野郎心を掴むこの筐体デザイン。音もフラット特性との評判です。ただこやつはパッシブなので別にパワー・アンプが必要になります。余計な機材は増やしたくありませんが、ただいまググッときております。

さてさて、LaLaですが、只今ライブ用に選曲の最中であります。次回はほとんど新曲の予定です…って、まだメンバーにも内緒でしたけど(^^;

次回は和物、洋物半々くらいのステージになる予定です。楽しんでいただけると幸いです!!…これからだから秋頃にはなんとかなるかなぁ。

コメントを残す

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href=""title=""><abbr title=""><acronym title=""><b><blockquote cite=""><cite><code><del datetime=""><em><i><q cite=""><s><strike><strong><img localsrc=""alt="">