STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

いよいよ新時代

[posted by koo]

いつかはと想像はしてましたが、一生のうちに時代の区切りがいくつかあるのは画期的なことなのかと思います。

さすがに麗和じゃ書きづらいので、画数も少ないですし「令和」いいと思いますよ。あと平成と混ざっても計算しやすいですし。

特集番組も沢山やってますが、30年ですからいろいろありました。まあ30年以上ベースを弾いてますが、ここだけは進歩しないんですが、ほかはずいぶんと変わったんです。ほんとに実感します。

例えば新聞が、こういう形で発行部数が減るんだとか、PCがこうやって進化するんだとか、将来この時代を振り返っての時間の塊感がありますね。

だから、時代で区切りをつけたくなるのもよくわかります。

まあ、でも、これから始めることについては、きっと覚えていられるんじゃないかなと思える新時代の元年 これから何をしようかと、ちょっとだけワクワクしますね。

コメントを残す

You can use these HTML tags

<a href=""title=""><abbr title=""><acronym title=""><b><blockquote cite=""><cite><code><del datetime=""><em><i><q cite=""><s><strike><strong><img localsrc=""alt="">