STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

突発性難聴

[ posted by yoshi ]

7月5日夕方のコーヒーブレイクの最中急に右耳がダウン、えっ!!!何々!!!って感じ。突然泳いでいるときに水で塞がった様な状態になり、「キーン、ざー」って耳鳴りもし出しました。このところ陽気も変なので気圧のせいなのか?まさか?うちは高地にあるわけでもタワマンでも無いので標高って訳でも無いか?
とりあえず高地で耳が聞こえなくなった時に良くする唾液を飲み込んだり、欠伸をしたりしましたが、全くもって効果なし。まぁ寝りゃ治るだろうと一晩様子見でした。翌朝いつもより部屋が静かなのでこりゃダメだと…。

とりあえず医者直行でした。でね、検査の結果お題にもある様に突発性難聴って診断でした。あちゃーなんだそれでした。
原因は不明、ギターの弾きすぎとかだったらバンド野郎的には勲章にでもなりましょうが、そうでも無いらしいです。ストレス、疲れ、ウイルスと考えられることはあるみたいですが特定出来ないのが現状らしいですね。

何でもこの状態になったら48時間以内に処置開始、それから2週間が勝負って事みたいです。いつか良くなるだろうと放ったらかしにするとそのまま難聴になるケースが多いみたいです。いやぁ〜耳鼻科に行っておいて良かったですよ。

薬療法になりまして(2〜3日で効果でなかったら大学病院行くつもりでした)、服用し始めて2日目にちょいの間聞こえる時間が出て来ました。
先生から音は聞かない様にして下さいと言われて、以前楽器屋で爆音ライブ観戦用の耳栓(全く聞こえないのではなくバランス良く音量を下げる耳栓)を買っておいたので役に立ってます…趣味もバカに出来ないもんです^^;
特定の周波数がハウった様に聞こえますので必須でございます。

勝負の2週間も残り僅か、たまにはおとなしく過ごします。

皆さんもあれっとなったらこの記事を思い出していただいて、即検査受けて下さい!!リミット48時間ですよ!!

コメントを残す

You can use these HTML tags

<a href=""title=""><abbr title=""><acronym title=""><b><blockquote cite=""><cite><code><del datetime=""><em><i><q cite=""><s><strike><strong><img localsrc=""alt="">