STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

Heinekenで…

[ posted by yoshi ]

夏の恒例行事となりました「すみだストリートジャズフェスティバル」、今年も猛暑の中最終日(8月18日)に行って参りました。

上写真は錦糸公園ステージ「太陽の樹」にて、[ Jill –Decoy association ]通称ジルデコ、のchihiRoさん。
ジルデコはボーカルのchihiRoさん、ギターのkubotaさん、ドラムのtowadaさんの基本3人編成のバンド。ジャズ・ポップス・ファンク、そしてややロックテイストな楽曲が魅力的です。時によってキーボードや管楽器などのサポートやオーケストラ等とジャムセッション的なライブパフォーマンスを披露します。

ジルデコ今回のお目当でした。下写真kubota(g)

いつかライブへ行ってみたいと思ってましたのでラッキーでした。

オリジナルは勿論ですが、「Take on me」「接吻」などをジャジーなアレンジで歌い上げておりました。太くて伸びる歌声…素晴らしかったです。

おおよそ1時間のステージでした。
その後同じ錦糸公園内のハイネケン・キリンのステージへ移動。
このステージをサポートされているのはLaLaがリハスタでお世話になってるオルフェウスさん…昨年もそうだったかな。なんと南さんが暑い中頑張ってました。
あたりはハイネケンののぼり旗、ポップ、そして出店がずらり。飲まずにいられませんね…生ルービー片手にライブ…当然です!!

Fried Prideのボーカリスト[ Shiho ]さんのステージ。ブルーノートやビルボードの常連ジャズシンガーですね。
若いですけど貫禄と安定感、ジャジーな歌い回し…流石の歌唱力でした。お客様もノリノリで楽しいステージでした。

嬉しい事にゲストがヴォーカリスト&フリューゲルホーンプレーヤーの[ TOKU ]さんでした。彼をステージで見るのは2度目ですが、独特の歌声、低音の魅力ってやつですか?…Shihoさんと二人のハーモニーが素敵でした。

この後もう数バンド見ようかと思いましたが、特に夕方からメリージェーンオンマンマイーのつのだ☆ひろさんのステージもありましたが暑さで断念。

すみだストリートジャズフェスティバル…良き音楽祭に育ってますねぇ〜!!!素晴らしい!!!

コメントを残す

You can use these HTML tags

<a href=""title=""><abbr title=""><acronym title=""><b><blockquote cite=""><cite><code><del datetime=""><em><i><q cite=""><s><strike><strong><img localsrc=""alt="">