STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

懐かしさに思わず…

[posted by kaori]

1月18日(土)は朝から本当に寒くて都心も雨から雪に変わり一日中床暖房とエアコンを両方つけて過ごしました。まあ冬ですからね〜。

先々週、寅さんの啖呵売を言えるほど映画「男はつらいよ」が好きなダンナ様の希望で夫婦どちらかが50歳以上だと2人で2400円なので市川コルトンプラザへ今話題の「男はつらいよ お帰り 寅さん」を観に行きました。私はそれほど映画は好きな方ではないのであまり興味はありませんでしたが結論から言うととても心温まる素晴らしい作品でした。が…何と途中で隣から鼻をすする音が。まさか泣いている?観ている人の笑い声は結構聞こえたけど涙している人はいなかったように思います。何でも懐かしさが込み上げてきたらしいです。登場人物の人達の今を描く映像と昔の映像もたくさん出てくるので気持ちはわからないでもないですけどね〜。それにしても昭和の女優さんたちのマドンナの美しいこと。さくらさんも可愛らしいし。1996年に渥美二郎さんはお亡くなりになりましたが永遠に愛され続ける映画だと思いました。

次の日に柴又帝釈天へ行き(お正月にも行きましたが)お参りをして参道でお団子を食べて柴又駅まで歩いて駅前に建てられたフーテンの寅像と見送るさくら像を見て帰りました。映画の影響もあってなのか平日なのに人が多くて驚きました。たまには昭和の時代を振り返るのも良いものですね。

コメントを残す

You can use these HTML tags

<a href=""title=""><abbr title=""><acronym title=""><b><blockquote cite=""><cite><code><del datetime=""><em><i><q cite=""><s><strike><strong><img localsrc=""alt="">