STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

達郎さんに読いて‥。

[posted by kaori]

昨晩、桑田佳祐さんがブルーノート東京からソロとして自身初の無観客配信ライブを行いました。事前に収録されたものでしたがブルーノートのスタッフの皆さんがマスク姿で後ろの方で拍手や手拍子などをしていました。

サザンとはまた違い落ち着いた大人の雰囲気が漂うライブでした。24曲中5曲がカバー曲でしたがソロという事もあって知っている曲がLaLaのライブでも演奏した「スキップ・ビート」以外ありませんでしたが65歳という年齢を感じさせないほどとにかく声量もあるし最後まで声質が変わる事なく(68歳の達郎さんも同じです!)1曲1曲心を込めて歌っているのが伝わってこの配信ライブを観た人達はきっと元気づけられて感動したと思います。サザンとは違うメンバーとの息の合った演奏も素晴らしかったです。 じっくり聴いたのは初めてでしたが本当に才能溢れた方だと思いました。

観客として何度も訪れた「Blue Note Tokyo」のステージに上がるのが憧れだったそうです。約2時間のライブがあっという間に過ぎました。そう言えばブルーノートには2019年12月12日の「インコグニート」のライブ以来行っていません。やっぱり生で聴きたいですよね♪あともう少しの我慢です!

コメントを残す

You can use these HTML tags

<a href=""title=""><abbr title=""><acronym title=""><b><blockquote cite=""><cite><code><del datetime=""><em><i><q cite=""><s><strike><strong><img localsrc=""alt="">