STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

治ってきたかな?

[posted by taku]

前回のブログで書いた左手首の腱鞘炎は発症から早いものでかれこれ6ヶ月が経ちました。ギターのよっちゃんから比べればまだ短い月日ではありますが。今回8月の頭に大学病院の専門医へ行き外科的手術をお願いしたところ「1発私に注射を任せてみない?」と言った先生が娘ほどの年の女医さん。明るくて医者っぽく無いのですが自信ありげな言動に1発任せてみたのです。それが8月の24日。そろそろ2週間が来ますがどうにも全く痛くない。注射の針のところが何となく痛痒い程度でほとんど元通りって感じです。

最初の整形外科医。(家のそば)

2軒目の整形外科医。(車で10分)

行くんじゃなかった。

何をやってもダメだったのが女医さんの腱鞘炎の腱をめがけてエコー見ながらぶっすりんこ1発で。まだまだ油断は出来ないけど今のところドラムも叩けそうな具合です。ヤッホー。

最近のBGM

コロナでの自由時間に聞いていた気分転換アルバムです。

[ posted by yoshi ]

[ MISS M ] 竹内まりや
40周年を記念してのリマスターアルバム
クレジットに名を連ねるのは…

David Foster(Airplay)
Jay Graydon(Airplay)
Jeffrey Porcaro(TOTO)
Steve Lukather(TOTO)
David Hungate(TOTO)
Bill Champlin
Greg Mathieson
等々、クレジット買いするに値するアルバムとなってます…知ってた?
聴いたら分かりますよ、モロです。

[ 213 Three Little Words]
1981年にレコーディングされごく最近までお蔵入りしていた音源がアルバムとなりました。
フュージョン、いやいやクロスオーバーテイスト風味のあるAORアルバム。
しびれます。ジェフの音源発掘ですから聞かずにはおれませんでしょ。

Neil Stubenhaus (b)
Carlos Rios (g)
Vinnie Colaiuta (dr)
Jeffrey Porcaro (dr)

[ People Mover ] Scott Henderson
ギターミュージックでありましてロック色と言いましょうか、ハード系と言いましょうかそんな感じのフュージョンです。
テクニカルなギターを堪能できる1枚、極上です。

彼のLiveを観た事がありますが、なんとショーが始る時にハードケースごとギターを持ってステージに上がります…ステージでいつもの様にパフォーマンスをしてくれる様大切に扱っているのでしょうか?…そんなプレイヤーを他に見たことがありません。

[ From This Place ] Pat Methany
6年ぶりの新作となります。昔のPat、パッとメセニーグループの[As Falls Wichita So Falls Wichita Falls]あたりの感じが致します。久々にグッと来たアルバムでした。メセニーの音楽にはストーリーがあり風景があり自然の息吹を感じます。

[ Liquid Quartet Live ] Michael Landau

私の5大師匠の一人(挨拶くらいしかしたことございませんが…幾つになってもギター少年って感じのジェントルマンですbyその時の印象)。実はランドーモデルのギターを使っているほど尊敬しております。

2019年11月にロサンゼルスのジャズクラブ「ベイクドポテト」で行われたコンサートを収録したアルバムです。

聞けば聞くほど良くなり、飽きず、いつも新鮮な感じでアルバムを通して聞けます。Guitar Toneが素晴らしく、ハットさせられるフレーズ、スリリングでテクニカルなギタープレイ、このアルバムでも存分に楽しめます。

久々にCD買いました。ネットで聞けちゃったりしますから購入意欲が失せてましたが、今回は良い買い物でした。
しかしまぁ、洋楽ギター道40数年だけあって、かな〜り偏った聞き方してるかもしれませんねぇ(笑)

買い物かご

[posted by koo]

といえば、サザエさんのもっているアレなのですが、今はスーパーに置いてあるプラスチックの四角いかごがそれにあたるようです。

レジ袋有料化で、買い物に行くときマスクと買い物袋を忘れて取りに戻るなんてことを何度かしましたが、昔の買い物かごが気になって現物を手に入れてみました。

ビニールのチューブで編まれたアレですが、平成生まれにはわからないようでクラシックなインテリアの認識になってます。

思ったより」さらに小さくて当時の冷蔵庫の大きさを考えるとこんなものかとも納得なのですが、現在の規格がスーパーかごの大きさですので、実際使うとなれば不自由さは隠せません。だからお年寄りの使っている買い物カートに軍配が上がるのでしょう。

うちの車が古いので見た目も含めて中に置いておくとちょっと便利ということで本来の使い方から外れてしまいましたが、落ち着くところに収まってます。

ところで、ウズラたちですが無事孵化しまして元気に走り回っています。

PCR

[posted by nabe]

PCR法開発でノーベル賞を受賞したキャリーマリスはエイズで使われた際、
感染症の診断に使ってはならないと主張しデマを流す道具として使われていると
激怒した。
徳島大学大橋名誉教授もPCR検査陽性=新型コロナウイルス感染ではないと主張している。
しかしながらマスコミはワクチンができるまでは恐怖を煽り続けるのだろう。
昨年8月に変死したキャリーマリスもあの世で呆れていることだろう。

やっぱり最高です!

[posted by kaori]

猛暑日が続いて居ますが皆様体調など崩されていませんか?熱中症が心配される中、子供も大人もマスク着用率高いですよね。本当にいつまで続くのでしょうか。

さて7月30日に行われたライブ映像配信「TATSURO YAMASHITA SUPER STREAMING」ご覧になりましたか?これまで2012年に劇場で限定公開されたシアターライブ以外はテレビやDVDなどの映像作品が発売されたことがなく45年のキャリア初の配信ライブで今回配信されたのは2018年3月17日に京都のライブハウスで行われたアコースティックライブと(同年1月に目黒のブルースアレイ・ジャパンでのこのライブは残念ながら抽選に外れてしまいました)2017年開催の「氣志團万博」でのパフォーマンス、そして1986年のライブの秘蔵映像の配信でした。達郎さんは隠れ氣志團ファンで「幸せにしかしねーから」という曲は300 回ぐらい聴いたそうです!この様な貴重なライブ映像が自分の家でくつろぎながら目の前で観られるなんて…。しかも4500円で。臨場感たっぷりでした。今回のこの企画はファンにとってはとてもありがたいことです。ここ数年抽選に外れているのでチケットをゲットするのは至難の業ですがコロナが収束したらまた是非ライブを聴きに行きたいですね。

LaLaの活動もストップしてしまいました。寂しい限りです。いつになるか誰にもわかりませんがきっと又みんなで音楽を楽しむことができる日を信じて毎日を前向きに過ごそうと思っています。

アイディアを

[posted by taku]

最近考えてるのはどうにかこの状況下で音楽を特にバンドの演奏を楽しめる方法は無いかなと言う事です。少なくとも年内のライブはもとよりスタジオで集まっての練習も暫くは諦めなくてはならないでしょう。世の中の企業がリモートしているのを見ていて仲間とのリハーサルをネット上で共有出来ないかな?と思っています。個々に自宅で音出ししたものを録音して共通のソフトでミキシング。スタジオでの空気感は出なくても案外面白い音が作れるんじゃないかと考えています。今は手首の腱鞘炎を終息させるべく頑張っていますが治った暁には是非こんな遊びをやってみたいと思っています。