STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

備蓄すれども

「POSTED BY NABE」
地震・インフレ・緊急事態などに備えて、ちまちま備蓄を増やしている。
食料は半年くらいありそうだが備蓄すれどもすれども貯まらないのは酒である。
買った以上に吞んでしまう!

コロナ禍の中での新しい形

「posted by kaori」

 緊急事態宣言も解除され全国の感染者数も減少傾向が続いていますがまだまだマスクの着用と手指衛生などの感染対策には気をつけないといけませんね。
テレビで医師がワクチン接種が打てない12歳未満の子供のコロナ感染者がこれから増えて長い闘いになるだろうと話していました。2,5,8歳の孫がいるので心配です。どうなるのでしょうか?

先週の土曜日に小学2年生の孫の運動会だったのですが参観は1家族につき1名まででその代わりに運動会の様子をオンラインでライブ配信するというコロナ禍を象徴するような事態になりました。止むを得ない状況だとは思いますがこれからはオンラインで楽しむ時代になるのでしょうか?
ダンナ様と食い入るようにライブ配信を見ていましたが映像もすごく良いわけではないので現地にいる息子に「どの辺?」とラインで聞くのですが2,4,6年生の3学年だけなのにとにかく見つけるのが大変でした。保護者もまばらなので孫の姿より身長が180㎝ある息子の方が目立って何回も映像に映り込んですぐわかり思わず笑ってしまいました。
マスク着用での入場行進と準備体操。赤白帽も被っているので余計にわかりません!基本、自分達の出る競技以外の時はマスク着用。種目も少なく徒競走はありましたが1番盛り上がるリレーや応援団はなく歓声もほとんどなし。やはり大声での応援や掛け声、拍手のない運動会は寂しい気がしましたが皆んな一生懸命に頑張り楽しんでいました。
感染対策もきちんとしてコロナ禍の中で運動会が出来た事は良かったと思います。先生方や学校関係者の皆さんも大変だったでしょうね。
前日は悪天候でしたがこの日はお天気に恵まれたのが何よりでした。

今のお気に入り

[posted by taku]

父の日に家族からコーヒーポットをプレゼントして貰って以来、もともとそこそこ美味しいコーヒーを探すのは好きでしたが近所のコーヒー豆屋さんや通りかかって見つければ寄る程度がもう少し積極的にチャレンジするようななりました。最近ではミカド珈琲の三笠ブレンドと茜屋珈琲のレギュラーが自分の定番でしたがなんとワイフがショッピングモールのコルトンプラザに入っている「KALDI」から何故かモカフレンチというヤツを買ってきて、そやつを85℃位の湯で淹れてみたらありゃま美味しい!相変わらずお安くできてる自分に嬉しいやらなんやら。しばらくは楽しめそうです。笑。

モニターの異音

[ posted by yoshi ]

最近部屋ではギターアンプではなしにアンプシミュレーターを使ってパワードモニターから音を鳴らしている割合が増えました。実アンプに負けず良い音すんですよこれが…最近ですよね。
でね、気持ち良いサウンドで少し上手くなったように錯覚させてくれるありがたいシステムなんですが、何だか音が途切れる間際にコロコロコロコローーーって異音がします。異音でなしに真空管がクリップした感じまでもシミュレーションしてるのか?とも思いましたが、いやそんな事はない?不具合に決まってる?
気になり出しまして調査開始の巻でした。この異音以前からしてたような?してないような?もしかしたら設置時からか?かもしれません。←気づけよ!!何年使ってんねんって話です。

現在接続は以下の通り

Guitar → アンプシミュレーター → オーディオインターフェース → パワードモニター

何処が原因なのか分かりませんので一つずつ検証です。接続するものが多いと調査も大変です。

ソフトウェアコンソールミキサー


真っ先に疑ったのは出口のパワードモニター(最上部写真の白いヤツの大きい方)。コロコロサウンドが鳴るのが向かって左のモニターだったのでソフトウェアミキサーののパンを左右逆にしたり、接続ケーブルを左右入れ替えたりしましたが、何をしても左のモニターからコロコロコローーー。

ケーブル

次に接続ケーブル自体がぷち断線してる可能性もあるので交換してみましたが結果はコロコローー。
アンプシミュレータからの異音も疑い別の機材につなぎ換えても結果はコロコローー。

アンプシミュレーター

オーディオインターフェイスのジャックの接点を掃除、モニター出力が複数あるので別な箇所に接続どれも結果はコロコローー。

オーディオインターフェイス

オーディオインターフェイス自体を疑ってアンプシミュレーターを直にパワードモニターに接続して試してみましたがやはり左のモニターからコロコロコローーーーって。

結局パワードモニターのトラブルが濃厚となりまして販売総代理店のサポートに問い合わせ。修理をする前に一度再現サウンドを聞かせて欲しいと連絡がありましてコロコロコローーを録音。

数日後連絡が入り、「確かに異音がしますね。モニターのパワー・アンプ部分の不具合も考えられますが、モニターのキャリブレーションを最新のソフトウェアアップデートをした上でもう一度してみて下さい。」との事。おいおい!!
実はこのモニター、部屋の大きさや凹凸等を専用マイクを使って測定、部屋に最適な波形になるよう補正をするシステムになっているのでした…忘れてました。

「お使いのバージョンでのキャリブレーションとモニターの相性が悪いことも考えられます。」あらら。

でね、説明書読みながらバージョンアップ&キャリブレーションしてみましたよー。なんとコロコロコローーーが消えた・消えた・消えたーー!!のよ…もしかして、多分。

「保証期間が5年で後2年猶予があるので、仮にまた症状が出るようであれば無償修理いたします」…だって。治ったのが錯覚かもしれないのでこの保証期間は非常に嬉しい。モニターが尋常でないくらい重いので取り外して運ぶの面倒だしこのまま治って欲しいです。

ベスパ再復活

[posted by koo]

平成2年登録でたまに保険を切らしたりしてますがコロナ自粛でまた1台復活させました。

125ccで車体も軽いのでそこそこ速いのですが、また散歩用ですか。

バイクとか自転車とか一人で行動用の乗り物整備はもはや定番となってしまいました。看板があればバイク屋に見えると思います。

そんな近況ですが、今聴いているのはPrinceでした。

結構好きだったんですよね。

コロナの次

「POSTED BY NABE」

コロナの次の恐怖は気象変動である。
箱根山・富士山・浅間山、南海トラフ、台風、水害などなど
・・・
日月神示に記載されている直近の9月10月の8・18日はとりあえず
気を付けましょう!