STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

平常運転

[posted by koo]

在宅勤務の家族もいますが、自分はこの状況でも平常どおりです。

車かバイクでの移動 畑仕事も3つの「蜜」からは程遠くと、こと休日に関しては、なんの変りもなく  これはタイトル通りです

とはいえ、特効薬でも開発されない限り、感染拡大防止に協力するしかないですね。幸い人の多い都内ではないので感染確率は低いかもしれませんが、できることが少ないのは何とも歯がゆいかぎりです。

自分の職場もそうですが、医療崩壊したらもうその地域はアウトですからね 

まずは手を洗って余分なところにはさわらない  そんなかんじです

音楽のちから

[posted by nabe]

新型コロナウイルスがヤバいことになってきました。
大量のバッタがアフリカで発生して中東・アジア・中国の農作物を食い尽くし
そうな勢いです。
また、金融バブルの崩壊による世界大恐慌が起こりそうです。
そうなると、
第3次世界大戦が中東で勃発しそうな状況です。
旧約聖書のシナリオ通りになってきました。
ライブハウスもたいへんな状況ですが「音楽のちから」で
平和を祈るしかないようです。

マカダミアナッツ?

[ posted by kaori ]

新型コロナウイルスの感染拡大による様々な報道に振り回される毎日ですが暖かい日が続きリビングの窓から見える線路沿いの桜並木がほぼ満開になり心が和みました。でもそんな美しい桜が散った後の毛虫のことを考えると今から恐怖心でいっぱいです。以前公園で桜の木の下を歩いていたら上からたくさん毛虫が降ってきて下を見たら大量の毛虫がうごめいていて…もうそのことがトラウマになっているのです。まあ桜の木のそばを通らなければ良いだけの話しですけど。

さて上のレントゲン写真はフレブルのOhanaのお腹からシッポぐらいまでのですが3月13日に膀胱結石の手術をする前と後のものです。普段尿の回数は1日にだいたい5〜6回ですがある時期からしょっちゅうするようになり最後は100回以上!夜中の3時過ぎまで私たちも寝ずに付きっきりで見ていました。もちろん尿の量はほんの少しだったりポーズだけで全く出ていなかったり。血尿も出るようになりさすがにおかしいと思いかかりつけの動物病院で尿検査とレントゲンを撮り3日後、手術になりました。こんなに大きな石が膀胱の中にありました。小さい石も数多くあり手術をするまでの3日間は家でも尿と一緒に細かい石が全部合わせると50個ぐらい出ました。さぞかし痛かったと思います。全身麻酔で2時間ほどで手術も無事に終わり5日後に退院しとても元気に過ごしていて26日に抜糸をします。

下の写真は先生が記念に一つ下さった石です。右に写っているのは…間違って食べてしまいそうなマカダミアナッツ!!それにしてもそっくりです!
やはり、あれ?何かいつもと様子が違うな?変だな?と思ったら、すぐ病院に連れて行かなければいけませんね。人間も同じです!!

あの頃

[posted by taku]

連日の新型コロナウィルスの報道でもはや情報錯綜はメディア側に顕著でただ視聴率重視の薄っぺら報道は視聴者に不安を与えてるだけにしか感じません。初めての危機に人間がいかに弱いのかと言う事だけが今回の騒ぎでよくわかります。なんだかあの頃、そう、9年前の震災の時、報道を見るたびに放射線やら行方不明者がまだ何千人だと言う連日の中に感じた先行きへのいいえぬ焦燥感。飽きるほど頭にこびりついた同じCMのナレーション。似てるなぁって思います。でも、明らかな文化の違いで日本よりヨーロッパでのウィルス拡散は気の毒ですね。マスクをする習慣が無くハグ、握手、キスの文化がアキレスの踵に思えます。

とにかく災難が過ぎ去るのを待つしか無いのですかねえ。

元気ですかーーー!!

上写真、LaLaだけに太陽にしてみました。
[ posted by yoshi ]

休日もめっきり家から出ない日々が続いてます…厄介な事になっちまいましたね。皆さんどうお過ごしでしょうか!

2月22日にバンドリハがございました。おいおい!大丈夫なのか?!…ですよね。
仮のバンマスとしましては感染予防対策としまして、「次亜鉛酸素水」「使い捨てマイクカバー」「ボーカルマイク用除菌スプレー」を用意、リハ前にたっぷり&しつこく床やら機材やら、スタジオ内を除菌しました。室内すっかり消毒の匂いでした。(リハスタ側も換気、除菌はしていただきたいです。)

ご時世ですからね、リハの中止をメンバーと相談はしましたが、昨年11月のライブを最後に活動をお休みしていた事もありましてムズムズ?……結局なところの顛末でございました。リスクヘッジのカケラもございませんな…皆さんある意味チャレンジャーっす^^; 

まぁ、2月22日という事もございましたから時期的に微妙ではありましたけど。今現在となりますとライブハウス等でのクラスター感染が世間を賑わせてます、言わずもがな中止で決まりでしたね。最近は知らない横文字のボキャブラリーが増えて来てますな。

日本のアーティストは勿論、外タレのライブもことごとく中止になってまして、来日キャンセルが相次いでおります。連日の様にTVで煽られますとお客様も箱に行く気分にはなれませんよね。ホールやらライブハウスもお気の毒です。

ホールと言えば、2月15日に、サントリーホールでクラシックの鑑賞をしました(おいおい!ですな。行くの嫌でしたが、お世話になってる方のご招待でしたので…)。サントリーホールは5~6度目?ですが、開場を待つ人の列が幾分少ない感じがしました。入口付近には除菌スプレーがございまして皆さんシュッシュ。でね、ホール入りしてびっくり、2/3もいない来場者数(やはり)、席の前後左右に人無し、ほぼマスク着用、大人だねぇ〜。のこのこ出掛ける能天気な我々にとっては低飛沫感染確率状態でとてもラッキーでした。少しホッとしました。

クラシックのコンサートでは咳払いは御法度的な感じですが、コロナのせいで咳き込んだ時の周りの視線など余計な事を考えてしまい、プレッシャーからか逆に訳の分からない咳が出やすくなったりで結局神経をそっちに取られ素直に楽しむどころでは無かったです。何だろうねぇ。

きっとアーティストもステージ上からの見慣れない景色に違和感があったに違いありません。

1部の終了後義理は果たしたと判断、2部はスルーして退散しました。
そろそろ潜伏期間終了でしょうから、その場での感染は大丈夫だったと思います。

元気ハツラツ免疫力アップ!!皆様、明るく過ごしましょう!

とりあえず籠ってます

[posted by koo]

比較的こもっていれば、接触も少ない職場ではありますが、インフルエンザに罹ったこともあり、あの大変さを考えるとと、一応おとなしくしてます。

今回は暖冬で、すでにジャガイモも植えてしまいましたので、この時期にしては落ち着いていますが、一人で畑仕事は健康的な生活かもと思い、そんなところで体を動かすのもいいかとは

ただ、インドアも大好きですので、、生活自体は不自由なし

今後の動向は要注視ですけど