STORY
2005年、前身バンド4BLOODとしてKame(G&Vo)を中心に東京でバンド結成。

Kame(G&Vo)
Nabe(Vo&B)
Su(D)
Yoshi(G)

ギター・ベース・ドラムのシンプルな楽器編成でスタート。
広く知られているロック・ポップスの名曲を中心に演奏。年に数度のLiveパフォーマンスを行った。
翌年キーボードとしてKaoriが参加、5人編成となる。

2009年初頭、更なる音・プレイスタイル追求のためにKameが脱退、「音屋」を起ち上げアコースティクギターによるソロ&セッション活動を開始。が、後にK-Trioを結成し活動中である
4BLOODはギタリストとしてTakuを迎え入れ2009年9月新生バンドとしてパフォーマンスを披露。

2010年3月、新たな音楽活動とステップアップのために「LaLa Sunshine」とバンド名を改名。
2010年9月新たにベーシストとしてkoichiをメンバーに迎え入れる。ボーカル兼ベーシストだったNabeはボーカルに専念する事になった。

2018年諸事情によりドラムをTakuとSuで兼任する事になった。メインはTaku、Suは時としてパーカッションを担当する事になった。またこの年、新たなメンバー(キーボード)としてKyokoが参加、演奏の幅が広がった。

やっぱり最高です!

[posted by kaori]

猛暑日が続いて居ますが皆様体調など崩されていませんか?熱中症が心配される中、子供も大人もマスク着用率高いですよね。本当にいつまで続くのでしょうか。

さて7月30日に行われたライブ映像配信「TATSURO YAMASHITA SUPER STREAMING」ご覧になりましたか?これまで2012年に劇場で限定公開されたシアターライブ以外はテレビやDVDなどの映像作品が発売されたことがなく45年のキャリア初の配信ライブで今回配信されたのは2018年3月17日に京都のライブハウスで行われたアコースティックライブと(同年1月に目黒のブルースアレイ・ジャパンでのこのライブは残念ながら抽選に外れてしまいました)2017年開催の「氣志團万博」でのパフォーマンス、そして1986年のライブの秘蔵映像の配信でした。達郎さんは隠れ氣志團ファンで「幸せにしかしねーから」という曲は300 回ぐらい聴いたそうです!この様な貴重なライブ映像が自分の家でくつろぎながら目の前で観られるなんて…。しかも4500円で。臨場感たっぷりでした。今回のこの企画はファンにとってはとてもありがたいことです。ここ数年抽選に外れているのでチケットをゲットするのは至難の業ですがコロナが収束したらまた是非ライブを聴きに行きたいですね。

LaLaの活動もストップしてしまいました。寂しい限りです。いつになるか誰にもわかりませんがきっと又みんなで音楽を楽しむことができる日を信じて毎日を前向きに過ごそうと思っています。

アイディアを

[posted by taku]

最近考えてるのはどうにかこの状況下で音楽を特にバンドの演奏を楽しめる方法は無いかなと言う事です。少なくとも年内のライブはもとよりスタジオで集まっての練習も暫くは諦めなくてはならないでしょう。世の中の企業がリモートしているのを見ていて仲間とのリハーサルをネット上で共有出来ないかな?と思っています。個々に自宅で音出ししたものを録音して共通のソフトでミキシング。スタジオでの空気感は出なくても案外面白い音が作れるんじゃないかと考えています。今は手首の腱鞘炎を終息させるべく頑張っていますが治った暁には是非こんな遊びをやってみたいと思っています。

7月

[ posted by yoshi ]

今月は誕生月でした。
いよいよ来年は赤いウぃミャふりゃ〜…もとい「ちゃんちゃんこ」…来てしまいましたねぇ…50のリーチから10年があっという間でした。
でもね図々しいかもしれませんが自分がそんな年齢になった感がない?いえ、何も考えない?いえ、ぼーっとしてるといつまでも精神年齢が若いのであります。
…..それでも

・朝起きるのが早くなったり
・寝起きに腰が痛かったり
・トイレが近かったり
・公衆トイレで後から入って来た人の方が先に出て行ったり
・知らず知らず居眠りをしていたり
・足の爪を切るのが大仕事になったり
・床に座るとスッと立ち上がれなかったり
・歯に物が詰まるようになったり
・体毛の白髪を犬の毛と勘違いし懸命に取り払おうとしたり
・スーパーに入ると寒すぎて居られなかったり
・若い子が皆キレイに見えたり…最近はマスクで目だけしか見えないので特に美人が増えた(笑)
・ちゃんと弾けた曲をエコノミーな弾き方でしかプレー出来なくなったり

等々、怪奇現象としか思えない出来事が増え始めているのは確かです。

SARS-CoV-2ことCovid-19が普通の風邪になって、ライブが出来る用になったらステージ上で
・よろけ
・エフェクトペダルの空踏み
・曲忘れ
・曲名忘れ
等々、怪奇現象の数々をお見せすることが出来るかもしれません。
ライブ告知が出来る日が来ると良いです。

さて、緊急事態宣言解除後、覚えてるだけでも
・近所のレストラン1回
・近所のステーキ屋3回
・近所の蕎麦屋4回
・ソラマチ2回
・曳舟のカフェ2回
・清澄のカフェ1回
・丸の内2回
・新宿2回
・銀座1回
・日本橋1回
・お台場デックス1回
・豊洲ららぽーと1回
・コルトンプラザ1回
・オリナス1回
・アリオ5回
・鋸南町2回

等々、感染予防しながら経済協力…チャレンジャーでございます。
連休最終日の本日も曳舟のカフェでシングルオリジン「ピーベリー」のドリップとオリジナルコーヒープリンをいただきました。個人的他区へのGo To キャンペーンす(笑)

うずら再

[posted by koo]

前回からちょっと間が空きましたが、結局発生しませんでしたので再挑戦となります。

そんなことをしている間に都知事選挙も終わり、といっても色々なことがなかなか先に進まずとあまりいい状況ではないですが、今回は全自動の機器を導入しての再挑戦でして、これでだめだと、また原因を見つけてつぶしていかなくてはなりません。理科の実験はおおむねこんなもんでしょう。

まあ孵ったら孵ったでかなり大変なのですけど、引き続き引きこもりの口実にして息災にやってきたいと思います。

緑のタヌキ

「posted by nabe」

緑のタヌキマダムが再選してしまった。
都民は化かされたのだった。
タヌキの親分の利権GO TO TRAVEL CAMPAINが
来週末の4連休から適用される。
何泊でも何回でも使えるので期限までガンガン旅しましょう!

ただし、コロナに感染するかしないかはあなた次第・・・・

ドキドキな1日

「posted by kaori」

コロナ禍はいつまで続くのでしょうか。そんな中先週夫婦でがん検診を受けに行きました。1年前に私が婦人科検診を受けた時に1年後の予約を二人でしたのですがまさかこんな事になるとは思わなかったのでギリギリまでキャンセルしようか迷ったのですが結局受ける事にしました。大きな病院ですがやはりコロナの影響もあってか昨年より外来患者さんや検診を受けに来ている方も少なかったです。
今回はいわゆる基本的な項目のがん検診でしたがダンナ様は全く初めてで私も婦人科以外の検診は初めてでしたので検診の日が近づくにつれてドキドキ感が増し当日を迎えました。もちろんコロナ対策は徹底していましたが上部消化管内視鏡検査を受ける時マウスピースをくわえ内視鏡を挿入した上からマスクをしたのには驚きました。この検査は想像以上に辛い思いをしましたがこれ以外なんの問題もなく終了しました。何よりも今回全ての検査が女性の医師、技師だったので精神的にも安心出来ました。
結果報告は約3週間前後に郵送されます。これまたドキドキしますよね。
そういえばコロナ太りは認めますが身長が1.5cmも縮んでいたのがすごくショックでした!
給付金は検診に消えてしまいましたが有意義な使い方ができたのではないでしょうか?